TIME TRAVELER CHITA

I'm CHITA, Hongkong super star.

懐古 ルアンパバン

チベット編を書き終わるのはいつになるでしょうか。

 

チベット旅行から一年経つので記憶も薄れつつある。面白エピソードだけでも記録したい。

 

 

さて、なんだか最近事あるごとにルアンパバンでのvacationを思い出す。

 

あの広大なメコン川から眺める夕日の輝き、カオソーイ、毎晩通ったナイトマーケット、対岸の村、人気のない寺院、ラオのプレイボーイ、上海おぢさんとの羊鍋、日本人のともだち…

 

いちばん幸せだと感じたのは、最終日ムアントンホテルのプールサイドでひとり、

青い空に流れる白い雲を無心で眺めていた時。

何もしない、何もしなくていい。

誰も何も言わない。誰も自分のことを知らない。

ここでどんな風に過ごそうが、自分から言いさえしなければ、誰も知ることはない。

噂されたり非難されたりしない。

 

日焼けが少し気になるが(下着のような格好でいたことも少し気にしていたが)

とくに考えるべきこともない。

自分の感情を刺激するようなものはあまりない。

とりあえず、なにもない。

 

ああ、ルアンパバン。

すっかり心の拠り所になってしまった。

行くあてがない人には是非勧めたい。

1人になりたい人には絶対に。

 

ルアンパバンルアンパバン。

名前の響きも良い。

 

今頃は乾季だから、あのクァンシーの滝はきっとエメラルドグリーン。

行きたいな。泳げないけど。

 

あの雨に濡れた道とか、パン屋の軒先とか。

思い出補正抜きで、良いです。