TIME TRAVELER CHITA

I'm CHITA, Hongkong super star. Tibet

アマプラで唯一購入した映画について

アマプラで唯一購入した映画

『call me by your name』

邦題『君の名前で僕を呼んで』

を久々に見ました。

久々というか定期的に見ます。

原作も買ったのですが、なぜかいきって英語版を買ったので数ページしか読めていません。

 

しかし本当に美しい話です。

雰囲気系かと思いきや、ガッツリ台詞で伝えてくる系でした。

 

ストーリーはイタリアの田舎町で夏休みを過ごす少年エリオと、夏の間だけやってくるアメリカ青年オリヴァーの、ひと夏の恋。

少年エリオはまるで彫刻のような、美の化身。

青年オリヴァー(実際は役者が結構年上なので普通に良い大人)も、引けを取らないハンサムさ。

二人とも、美しいだけでなく知性にも溢れています。もはや存在が芸術。

 

二人は出会ってすぐに互いに惹かれ合うわけですが、初めは色々探りを入れてすれ違うのです。

オリヴァーはエリオの気を引くために女といちゃついてみたり、わざと身体に触れてみたり。

エリオはハンサム・ガイにそんなことをされモヤモヤムラムラして仕方ない。

そして〜省略〜遂に二人は想いを遂げます。

少年エリオの爆発する性欲に感動することでしょう。

 

二人は夏の残りをそれはもう楽しむのですが、

やがて避けられない別れの時が来ます。

列車に乗り込むオリヴァー、悲痛の面持ちです。 

そして列車は彼方へ。エリオは傷心のまま、家に電話をかけます。

「1つお願いがあるんだけど…迎えに来てくれない?」

迎えに来たママは何も言わず、エリオの頭をくしゃっとします。

セリフはないですが、ママはもう全て知っていたのですね。

 

 

そしてその夜、お父さんにはこんなことを告げられます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お前たちは美しい友情を得たね。

もしかしたら友情以上のものかもしれない(実はお見通しでした)

 

今は苦しいだろう。

人は苦しい時、早く立ち直ろうとするあまり、自分の本当の感情をないがしろにしてしまう。

そうしているうちに、やがて後々出会う誰かに与えるはずの心の一部分までを失ってしまう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

負の感情に蓋をして、目をそらし無理に平常に戻す。そして心をすり減らしていく。

やがて深い悲痛を感じることができなくなるだけでなく、

喜びや感動も、心の表面をサラッとなぞる程度にしか感じられなくなることでしょう。

 

それから、エリオ父は最後にこんなことも言ってくれます。

「心も体も、手にするのは一度だけ」

 

輪廻転生の考えのように、命は生まれ変わるんだい!と信じる人も多いと思います。

死んだあとのことは誰にも分からないので、まあ仮に生まれ変われるとしても、

だけれども、このスペックの体にこのタイプの魂が宿ることは恐らく今回だけでしょう。

組み合わせの問題です。

 

なので、来世があるからいいやと思わずに 

今このタイミングで得た人生を思う存分に味わおうと思います。

 

そして、例えば好きな人との別れ、旅の終わり、訳もない哀愁みたいなセンチメンタルな出来事とも向き合い、心を豊かに保ち続けたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金沢おすすめ情報

仕方のないことではあるが最近全く遠出してないので、本来のブログの趣旨に沿った記事が書けない。

 

なので、前回に引き続き金沢のおすすめ情報を書いてみよう。

 

超オススメの一帯

【尾山神社〜金沢城、兼六園】

 

まず、尾山神社を参拝しましょう。

神社とは思えないステンドグラスのアーケードがおしゃれ。


f:id:chitalian:20200628221433j:image

いつも何らかの祈祷をしているのが見れる。

太鼓の音に胸踊る。

たくさん掛けられた絵馬を閲覧します。

家族の病気が治りますように系には本当にかなしくなってしまう。

一時期、香港のひとたちが来てたのか

香港復活!系の絵馬が多かったけどもうそれらは無くなっていました。。

 

それから、尾山神社付近にはいくつかの喫茶店や小さい店が連なっています。

古い純喫茶には看板猫がいて、マジで可愛い。

純喫茶は本当の純喫茶なのでまだ入れてません。

 

その一帯に小さいパン屋さんがあり、

ハード系のパンを取り扱っておられます。

天才なのかと思うほど美味しく、素敵で優しい気持ちになるパンです。

その手前にもう1軒カフェがあり、そこのほうが良く行く。

平日も休日も行っているのに関わらず一切話しかけてこないのも良い。

いつもありがとうございますとだけ

ハヤシライスがダントツで美味いが他のトースト系も外れがない。

むしろあの店でイマイチと思うメニューがない。

天才かと思ってしまう。

本なんかもたくさんあり、ミュシャの画集もあります。

入院中はここのご飯を想って思わず涙を流した夜もあった。ベットに戻れず、暗い廊下でこの店のテイクアウトメニューのチラシをじっと眺めていた夜も。

 

 

それから、ぐるっと回って金沢城へ向かいます。

裏から入る形になるので観光客もいないし

ちょっとしたハイキングコースは自然を感じられてとても気持ちいい。

蛇とか居そうな感じはある。

登り切ると金沢城と市街地を見下ろせる開けたスポットにたどり着き、白いお屋根がイイネ〜という感じです。


f:id:chitalian:20200628221613j:image

ここまで無料

 

金沢城の中には入らず、

一番有名な門から抜けるとすぐに兼六園の入り口が現れます。

兼六園は有料(三百円くらい)

 

大体こんなコースで散策すると午前中いっぱいは楽しめると思います。

 

そういえば美術館もそろそろ開く頃だ。

会員になって数回しか行ってないけど、改装工事とコロナ閉館の期間があったので

特別に会員期間が延長されていた。

ラッキー!

新しい展示も始まっているのでぜひ行こう。

いつもは観光客が多くて多くてまともに見られないけど今なら…

 

 

 

最近の金沢

金沢にきてから遂に1年が経った。

最初は金沢の至る部分がいけすかなくて不愉快な気持ちにさせられていたが

最近はようやく心を開いてきたのか居心地が良くなってきた。

 

雨ばっかりなのも、小京都ですけど?みたいな情緒ある街並みにも

良さを感じるようになってきた。

 

特に金沢城なんかは無料で入れて緑を味わえるので重宝してしている

城の中に入ったことはないけど、

お堀らへんの開けたところでのんびりするのは素敵である

 

それから行きつけの店ができて、顔馴染みになってきたのも一つの要因かも知れない。

 

特に気に入っているパン屋さんなんかは、

優しい女の人が1人でやっていて、日曜日は二階がカフェスペースとして開放されてるので

やや遅めの朝ごはんに最適

パンも美味しい、カフェラテも美味しい(甘すぎない)

 

あと、最近思うのは、でかい鳥が空中をよく旋回しているのがきになる。

食べ物を持っていると襲われそうになったことが2回ほどあった。

恐ろしい街だ

 

それから、本店は金沢ではないが石川を代表する加賀棒茶にめちゃくちゃハマっている

丸八製茶場というところが売っているやつが特に美味しいしセンスがいい

加賀市の本社まで出向いたこともある

石川県内には、駅前と東茶屋街、加賀本社、それから富山の駅前に店舗があるが一応全部行ってみた

あとは東京の品川にも店舗があるらしいがまだ行ってないので今度行ってみようと思う

 

去年はインスタで散々金沢のことで喚いていたので

何組も友達が来てくれたのは本当に嬉しかった

 

また今回の例のあれが治まってきたら

遊びに来て欲しいなと思う

今ならいろんなところを案内できる

 

今年は加賀棒茶を極めたい。

 

やりたいことリストの再編

2019年の6月5日に投稿したやりたいことリストを見直して、

実際にやったものを数えてみた。

 

× 哲学の本をもっと読む

× フランス語を勉強する

× フランスの映画や音楽を知る

× 中国料理の研究

× 中国語をもっと伸ばす

× 英語を不自由なく使えるようにする

○ 草花を育てる

× 詩を書く(いろんな言語で)

× 家の中にサンルームをつくる

× 新しい凧を買って飛ばす

○ 美術館のセミナーへ行く

○ 野原に出かける(自転車で)

○ 誰かに手紙を出す

○ お菓子を作って食べる

× スペイン語を学ぶ

○ 世界の部屋作りを知る

△中国を旅する 

× 韓国の友達にあいにいく

△ 奈良でのんびりする

 

こうしてみると、1年間も時間があったのに

半分もやれたかどうかというレベルであることがわかる。

 

やらなきゃいけないことリストではなく、

やりたいことリストのはずなのに。。

 

コツコツ積み重ねていくタイプの項目は全く手をつけらていない惨状である。

いくら仕事が忙しかったとはいえ、

自由な時間はちゃんと存在している。

 

時間があればやりたいことというのは多分一生やらないし

自分にとってそこまで優先度の高いものではなかったということが判明した。

 

けど、1年前にリストを作っておいただけよかった。

この1年間でやったこととやらなかったことを知ルことができたので

 

1年365日と考えるとそんなに長いものではない

再編を決意した

 

 

 

簡単レシピ 中国家庭料理

おうち時間が長く、料理くらいしかすることがないだろうから

簡単おすすめレシピを紹介します。

 

中国料理は奥深くそして幅広いが、日本人が1番好きと言っても過言ではないのが

.西红柿炒蛋(トマトと卵の炒め物)である。

 

家庭料理としては定番中の定番で、

中国人に「好きな料理なに?」と聞かれてこれを答えると大体笑われます。

日本の感覚でいくと玉子焼きみたいなものでしょう。

 

見た目も良く、味も良い。

炒めるだけでもいいし、麺類の上に載せてもいい。

万能料理

 

【作り方】

材料

・油

・トマト1個

・卵2個

・塩、胡椒

・中華の味になるやつ(例:味覇、鶏がらスープの素)

 

①フライパンを熱する

②油をこれでもかというくらいに入れる

 このとき、躊躇ってはいけません。引くぐらいに油を入れましょう。

③まず、溶き卵を投入し、軽く火を通し混ぜ合わせる。

④半熟くらいになったら、一旦別の皿に取り出す(絶対に取り出すこと)

⑤カットしたトマトをフライパンに入れ、少し崩れるまで炒める

⑥別の皿に取り出していた半熟卵を再度投入し、混ぜながら塩胡椒、中華の素をふりかける。

 

完成!

ネギがあれば、細かく刻んで入れても◎

店によっては、ピーマンなどの緑系も入れられてる時がある。

 

これを白ごはんと一緒に食べると、美味いです。

 

見た目も赤・黄色で鮮やかなので映える(中国の国旗の色!)

ぜひやってみてください

 

 

昨今の世紀末感

日曜の23時、まだぎりぎり抵抗できる時間帯。

 

外出自粛のため、家で深夜特急を読んでいた。

 

最近すっかり思い出すこともなくなっていたが、

わたしも数年前にはいろんなところに出かけていたんだよなぁ

 

パスポートと金があれば、行きたいところに行けるなんて当たり前すぎて

今の状況がまだ飲み込めてないような感じがある。

 

食材を買うために外にでたら、

通りのほとんどの店が休業中だった。

スーパーも夜7時までしかやらないみたいだった。

 

行き交うひとはさすがにまばら

道端に鳥の死骸とそれをついばむカラスがいた

 

なんかもう終わってしまった街って雰囲気がびんびんに感じられて

元気なくした。

 

どうやったら気を高く持ち続けることができるか。

映画とか読書も長くは続かない。

2月にラオスに行き損ねてから、もうどこにも行く気が起きなくなっていた。

けど、外へでていつもの金沢じゃない通りを歩いてると、ふと中国のにおいがしてくる。

これは本当に謎現象だが、たまにある。

 

色々落ち着いたら、まず中国に行きたい。

 

午前2時、交差点

へんな時間に目が覚めた。

25歳になった。

 

日常生活の中でふと、えもさを感じるシーンとの出会いはいつも突然である。

 

たとえばさっき、午前2時前に目が覚めて

ホテルの窓から大通りを見下ろすと

誰もいない交差点と信号のぺかぺかする静かな景色に胸を打たれた。

 

例によって雨に濡れた金沢の道路。

仕事でよく通る交差点。

なにも特別な思い入れがある場所じゃないのに、なぜか思い出になる。

 

旅のなかでもたまにあることだと思う。

圧倒的絶景よりも、

一瞬通っただけの暗い道とか、しょぼい看板とか、ゴミの散乱した坂とか(主に中国)

 

なぜなのか

 

なにがじぶんの心に残っていくかはその時にならないとわからない ということでした。