TIME TRAVELER CHITA

I'm CHITA, Hongkong super star. Tibet

砂漠で過ごした夜

この夜、リビング代わりの大きなテントで

宿泊者全員で夜ご飯を食べた。

ご飯はバイキング形式。

f:id:chitalian:20190312042130j:image

おかずが5〜6種類、中東のパン、お茶など

なかなか豪華で美味しかった。

キャンプスタッフのベドウィンは皆親切でいい感じだった。

 

ご飯の後は、焚き火の周りでお茶を飲みながらみんなで談笑。
f:id:chitalian:20190312042125j:image

リトアニアから来た家族、ニューヨークのカップル、キエフ(たぶん)から来た人…

世界中からこの砂漠にやってきた旅行客が一緒になって火を囲む。

 

 

 

 

見上げれば満天の星空。

 

ちょっと散歩しようか、とハットンとディーマの3人でキャンプを離れた。

歩いていくうちに、皆の話し声や歌声が遠のいていった。

 

 

 

あたりは岩と砂と星空のみ。

キャンプからだいぶん離れると完全な静寂に包まれた。

 

 

誰も何も言わなかったが、暗黙の了解で誰もライトをつけなかった。

星空の明かりだけなので、暗闇に目が慣れても足元はほとんど見えない。

ただ静かに歩き続ける。

 

見回すと、真っ黒の岩の形が見えるだけで

まるで本当に火星にいるかのような気がしてきた。

 

フードを被った2人のアラビア人の影が、なにかの古い物語に出て来る人物のように見える。

 

 

しばらく歩いてからこれ以上進むのをやめて、

あたりに座って星空を鑑賞した。

天の川らしき星の群が見えるが、空が星に埋め尽くされているので正座の形は正確に辿れなかった。

 

ぼそぼそと英語で話し始める2人。

 

自分は静寂と闇の中で考えることを辞めて、完全に自然に身を任せていたので会話の内容はあんまり覚えていない。

ハットンがイスラム教について話してくれた気がする。

 

1つしっかりと覚えているのはディーマが、「もし今なにか事柄や人に感謝できるとしたら、なにに感謝するか」という問いを立てたこと。

 

ハットンは自分の人生の全てに感謝すると言い、

2人におまえは?と聞かれたので、

私はネイチャーに感謝すると答えた。

 

岩と砂と星空しかない世界で、

自分や他の人間たちは全て、宇宙の塵に過ぎないのだとその時本気で思った。

地図上では、中東のとある砂漠の一画に滞在しているだけで

この世から隔離された秘境にいるわけではない。

 

それでも

見渡す限りの砂漠と静寂に包まれていると、

自分は宇宙の中の、とある星の生命体の末端でしかない。

ここにいる誰もがそうなのだ。

皆同じ星のチルドレンなのだと

そう考えずにはいられなかった。

 

自然に生かされている。

いや、自然に干渉されずに生きている。

 

これは本やネットで見た誰かの妄想ではなく、

自分自身の人生から生まれた発想であることに

大層感動した。

 

 

We are all children of the same planet だね、と言うと2人はめっちゃ喜んで同意してくれたので嬉しかった。

 

 

砂漠の夜は寒いが、耐えられないほどではない。

ハットンが自分の大きなあったかいコートでディーマと私を抱き寄せてくれた。

 

こうして書くと変態みたいなイメージになってしまうかもしれないが、

そういう感じではなく、お父さんが2人の子供を抱き寄せている感じなので誤解なきよう。

 

それから、イスラムの瞑想法を教えてもらい3人で瞑想した。

このときなにを考えていたかは忘れてしまった。

 

 

自分の文章力ではとても表しきれないほどの感動を知った夜だった。

むしろ言葉にしてしまうと陳腐な感想文になってしまいそうで書きたくなかった。

でもやっぱりこの日は特別な思いを抱いたので

残したい。

 

 

 

読み返してみると何が言いたいのかよく分からない。

 

 

 

これを読んだ方、行ってください。

砂漠へ。

 

 

 

 

砂漠へ

ペトラからワディラムへ。

夕日に間に合うように、少し急ぐ。

砂漠のハイウェイを走りながら景色を楽しんだ。

 

道中現れた巨大な風力発電。

f:id:chitalian:20190308054557j:image

なんだか奇妙な光景、少しこわい。

 

 

ひたすらデザートハイウェイを走り、ようやくワディラムの自然保護地区へ。

キャンプのスタッフが案内の為迎えに来てくれる。

砂、岩。茂み。

タイヤの後はチラホラあるが、火星感は凄い。

f:id:chitalian:20190308054740j:image

今回泊まるベドウィンのキャンプ。

ディーマとツインルームを取った。

中には簡素なベットが2つ。

それから暖かい分厚めの毛布も1人2枚ずつ置かれていた。

トイレも市内のホステルと何ら変わらず、思ったよりもだいぶ綺麗だった。

 

 

 

着いた時点でだいぶ日が暮れかけていたので

夕日スポットへ移動。

f:id:chitalian:20190308051601j:image

この一帯の夕日スポットは限られているのか

他の観光客がたくさん居て少し萎えた。

また大気が霞んでいてそこまで美しい夕日は見られなかった。

 

でも大丈夫。

夕日よりも星空。

まだ朝日のチャンスもある。

 

せかせかせずに楽しもう。

 

ペトラ遺跡

ペトラ遺跡+ワディラム砂漠キャンプツアーいよいよスタート!

 

これがヨルダン旅行の目玉。

ヨルダン人の友達ディーマがアレンジしてくれた、無理のないショートトリップだ。

今回ペトラ遺跡は1番有名な所を通るルートしか行っていない。

本気でペトラ遺跡を見るなら2〜3日は必要らしい。

友達の仕事の都合もあるし、私は砂漠で星空さえ見られればあとはオマケくらいに思っていたので異存なし。

 

 

そして今回はディーマの元職場の上司ハットンが強いカッコいい車で我々をペトラ遺跡、ワディラムへ連れて行ってくれることになった。

 

ちなみにアンマン市内で旅行会社のツアーに申し込めばペトラ遺跡もワディラムも簡単に行ける。

 

自分たちで行く場合でも、市内から4〜5時間は砂漠のハイウェイを走るためガソリン代がかかるし、ホテルも別で支払うので

結果、車・ホテル込みのツアーとそれほど値段は変わらないように思う。

 

 

f:id:chitalian:20190312051326j:image

車外の景色は最高!

雲の形が絵のようで面白い。


f:id:chitalian:20190312051336j:image

独特の街並み。

 

3人でお喋りしたり、QUEENをかけたりして楽しみながらペトラへ向かう。

f:id:chitalian:20190312060821j:image

 

アンマンを出て3時間くらいでペトラ遺跡に着いた。

 

入場料、外国人は50JD(8000円)

そして現地民は1JD

50倍!

 

それでも見る価値は充分ある。

早速ゲートを抜けて、スタート地点へ向かおうとしたところで

「馬に乗らないか」と声をかけられた。

ゲートから下の写真にあるような岩山ゾーンまでは少し距離がある。

と言っても歩いて20分くらいだと思う。

そこを馬車や馬で移動できるらしい。

 

f:id:chitalian:20190312051406j:image

私は別にどうでも良かったが、
「高い入場料を払っているのでこいつはタダにしてあげる」と言ってきたので
2人に勧められて結局馬に乗ることになった。

 

馬に乗るのは初めてで、少しだけワクワクしたが

訳のわからん奴に言いくるめられてしまった感があり、あんまり面白くなかった。

 

しかも、途中から付き添いの奴が離れて完全な1人乗りになった。

馬を止める時はこの手綱を引く、とだけ教えられたが

私の馬は引いても止まってくれない。

あまり強く引きすぎると暴れてしまうのではないかという心配があったので

どうにもできず馬に任せた。

 

しかし途中、羊の群れに遭遇してしまった馬は興奮したのか急に歩みを速め出した。

疾走ではないが、やや走り気味になってしまい、上下に激しく揺れた。

自分もパニックになってしまい、綱を引いているのかどうかもうよくわからない。

馬引きの奴が「ストップしろ!」と大声で叫びながら追いかけてくる。

 

一瞬本当に落馬しそうになって心臓が止まるかと思った。

徐々に力を入れて綱を引くと馬は止まった。

 

馬引きの奴が、おい何してんだよ気をつけろみたいなことを言っていたが

お前こそ何をしてる。

 

一応渡すように言われていたチップ2JDを渡したが不服そうな顔をしていた。

足りないのだろうか。

 

もう2度と馬には乗りたくない。

 

序盤でこんな怖い思いをしてしまった。

ようやくスタート地点につき、ここからは徒歩で進む。

f:id:chitalian:20190312054613j:image

岩の合間をぬって歩く。

天気が良く少し暑い。

観光客は居るが、そこまで多すぎて嫌気が指すというほどではない。

 

そして、しばらく歩いて行くと…

f:id:chitalian:20190312051343j:image

エルハズネ!!

 

さすがにこの前は写真を撮って居る観光客がたくさんで

なかなかピンショットを撮るのは難しい。

お土産売りのベドウィンの子供が付きまとってくるが、私には2人のアラビア人のお供がいるので怖くない。

 

f:id:chitalian:20190312055057j:image

 

エルハズネ以外にも色々面白い見所はたくさんある。

それこそ、他のルートを辿ればもっとだ。

本当に広くて途方ない。

 

 

元は砂漠で暮らしていたベドウィン達の一部は

今はペトラ遺跡の中で土産販売の仕事をすることを許されているらしい。

 

 

 

ちなみにエルハズネは貸しきることができる。

ディーマの今の会社の社長はエルハズネを貸し切って結婚式を挙げたらしい。

とんでもない金がかかりそう。

 

ペトラ遺跡。

次来る時は近くにホテルをとってゆっくり見てみたい。

楽しかったが、落馬の恐怖が未だに拭えず苦しい。

 

 

 

 

 

死海ビーチ

なんだかんだで明日アンマンを発つ。

本当は時系列に書いていくつもりだったが、

ゆっくりとできる居心地のいい場所があまりなかったので書けなかった。

 

今、死海のプールサイドでやっと落ち着いた時間を過ごしている。

時間は前後するが、この際思うままに記録していこうと思う。

 

 

実は昨日の晩まで同行者が見つからず、仕方ないので一人で行くしかないと思っていた。

 

バスは毎日出ているが、午前一本しかないし、一人だからタクシーなんかも高くなるしで

もう正直行く気がだいぶん失われていた。

 

なにより「一人でビーチ」

一人で過ごすのも楽しいが、一人で海に入って泥パックをして…想像するにあまり楽しくなさそうだし、誰が写真を撮ってくれるのか?

 

 

それでも、この機会を逃せばきっともうしばらくは死海に行くことなんてないだろう、と思い直し

市内から死海へのジェットバスを予約しようと試みた。

スマホからwebサイトにアクセスしてカードの番号まで入力したが、なぜか完成しない。

色々と不具合のあるサイトだったので3〜4回トライして嫌になって辞めた。

 

朝になったら直接バスのオフィスへ行くことにして、やや不貞腐れて寝床に戻った。

本当に誰とも一緒に行けないなんて、もはや私の運もここまでか、と。

 

 

そして今朝、何だかものすごくめんどくさいという気持ちで起き上がり、死海へ行く支度をしていると

隣のベットで寝ていた、おそらく来たばかりのお姉さんが突然起き上がり

「Hi! Are you going to go deadsea ?can I join you?」と声をかけてきた。

 

SURE!!!!!!である。

 

 

なんてラッキーなんだろう。

出来すぎたストーリーだ。

神様は私を見放さなかった。

 

 

そしてそのお姉さん(香港人)と、バスのオフィスへ向かい、バスに乗車、何の不具合もなく死海へ。

 

無料のビーチはゴミだらけだと聞いていたので

20JD(3000円ちょっと)のホテルのビーチ&プール入場券を買った。

 

f:id:chitalian:20190308200005j:image

素晴らしい。


f:id:chitalian:20190308195919j:image

これが死海。

ぱっと見は普通の海だが、確かに入ってみると浮いた。

浮いたは浮いたが、体の動きがコントロールできず無理に動こうとすると溺れそうになってめちゃくちゃ怖かった。

 

ここには泥パックも用意されていて、

皆全身に塗りたくっていた。

ミネラルが豊富らしい。

 

所で死海に入ると、擦り傷やニキビ痕が沁みてとても痛い。

怖いし痛いしで、2分ほど浮いて遊んだらすぐにあがった。

 

プールサイドで寝転んでいる方が楽しい。

f:id:chitalian:20190308200345j:image

香港人のお姉さんはキックボクシングのトレーナーらしく、むきむきのボディをしていた。

へそピアスやタトゥーなど、いけいけのムーランといった感じ。

 

私はというとママンから借りてきた水着を着た小学生のようななりをしている。

 

 

 

 

 

スパにしてよかった。

死海、楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

アンマン市内歩き

アンマンは割とこじんまりとした都市だが、19の丘で成り立っているらしく坂だらけで歩くのは中々しんどい。

 

でも、細い小道や廃墟がちょくちょく現れるので歩くのも楽しい。

f:id:chitalian:20190308052017j:image

ちょっと高いところに登れば、先日の城跡が遠くに見えるのも素敵。

それから案外緑が多い。

小さいお花や実のなっている木が心を穏やかにしてくれる。

 

ゲストハウス横の階段を登ってみると、家並みが押し寄せてくるように見えて面白い。

小粋な草やなんかもあって気に入ったのでしばらくこの階段に佇んでいた。(地面は汚いので座らなかった)
f:id:chitalian:20190308052010j:image

ぼーっと立ちながら、スマホで写真を編集していると

何やら物凄く急いだ様子の現地の人が

「助けましょうか?」と声をかけてくれた。

こんな所でスマホを見ながらフラフラ立っていたので、迷子の外国人だと思ったんだろう。

 

めちゃくちゃ急いでいたのに、わざわざ声をかけてくれる現地の人の優しさに感動した。

 

 

 

 

 

 

それから、この街で一番いけているという噂の、レインボーストリートへ行ってみた。

カフェやアートショップが点在していて楽しい通りだ。

大通りの土産屋でmade in chinaの大衆土産よりも、ヨルダンの人がちゃんとデザインしたハンドメイド品の方がいけていると思う。

 

 

難民の多いヨルダンでは、デザイナーが物をデザインして、職につけない人達にこういった仕事を与えてサポートしているらしい。

 

一点ものから誰かへの土産を選ぶのは楽しい。

店の人からこの難民サポートの話や、パワーストーンの話を聞かながらショッピング。

 

自分の中から悪いものを取り去ってくれるという黒い石のついたハンドメイドのブレスレットを買った。

物凄く気に入っていたが、酷使しすぎたか、数日後に壊れた。

 

 

 

 

それから、いい感じのブックカフェへ行ってみた。

f:id:chitalian:20190308051915j:image

f:id:chitalian:20190308053531j:image

中がすごく可愛い!

英語の本もたくさんあるし、読書にも勉強にもうってつけの場所。

スタッフの女の子は英語が出来ないようで、

「ここで本を読んでも良いんですか?」と(分かっていることではあるが一応)聞いてみると、

「ノー…?」と言われてしまった。

 

この本は飾りかな?

 

外は肌寒いが、坂を歩いて暑くなったのでミルクシェイクをオーダーした。

しばらく待っていると、別の英語を話すスタッフがオーダーの確認に来た。

 

雰囲気もよく、くつろげるカフェだった。

 

 

 

f:id:chitalian:20190308054047j:image

良い感じの看板や広場がある、おしゃれな通り。

レインボーストリート、おすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

謎の青年と城跡

ようやくヨルダンへ到着し、無事友達にも会えた。

こんなに遠いとは…

それでも行こうと思えば行けるのだから地球は小さくて便利だね。

 

 

今日はアンマン市内のローマ劇場と城跡へ。

f:id:chitalian:20190304044041j:image

この客席の一番上まで登ると見晴らしが良い。

天気も良く、清々しい春の風が吹いていた。

f:id:chitalian:20190304044004j:image

急な勾配で足が疲れた。

 

舞台の真ん中に、マンホールのような箇所があってその上に立って演説とかするらしい。

 

この間洪水が起きた時にここも水没したらしく、泥がまだ残ったりしていた。

 

それから友達とアンマン城跡へ向かった。

丘が多いのでタクシーで行く方が良い、と路肩に立っていると1人の青年が話しかけてきた。

友達と青年がアラビア語で何かを話している傍で、ひたすら写真を撮り続けるわたし。

f:id:chitalian:20190306011659j:image

 

 

 

どうやら、我々がタクシーにぼったくられないかと心配しているらしい。

私はアレだが、友達はバリバリ現地人なので大丈夫だと思うけれども…

友達が美人なので、多分ナンパなのだと思う。

 

よくわからないが、青年が始終友達にアラビア語で話しかけ続けているので私は為すすべがなくただ付いていくしかなかった。

 

 

結局、タクシーを捕まえて3人で乗り込み城跡へ。

 

どんな会話をしているのか全くわからないので、これはナンパなのか。詐欺なのか。考えを巡らせる。

 

 

そんなこんなで城跡到着。

なぜかタクシー代を払ってくれる謎の青年。

城跡のチケットは観光客だけ少し高くて、現地民は格安で入れるのだが

青年が窓口の人と交渉して私のぶんもヨルダン価格にしてもらっているようだった。

それでも結局青年が払ってくれた。

 

 

 

この青年が何者なのか、もうそれについては考えずに城跡を楽しむことにした。

青年は絶えず友達にアラビア語で話しかけ続けている。

 

 

城跡はというと、最高に素晴らしかった。

高い丘の上にあるので見晴らしも良いし

もう朽ちた建物の跡と緑のコントラストがとても良かった。

 

f:id:chitalian:20190306011634j:image
f:id:chitalian:20190306011625j:image
f:id:chitalian:20190306011640j:image

観光客も少なく、ゆったりとした時間が流れる素敵な丘。

この場所が大好きになった。

 

青年はというと、カメラマンとして活躍してくれた。

石の上に腰かけたアングルで写真を撮ろうとすると、「立て」「もっと登れ」と指示してくる。

 

 

私は1人で城跡を十分楽しめたが、

友達は見るからに疲れていたので気の毒だった。

どうやら青年は18歳のムスリムで、宗教的な教えに従って私たちに良くしてくれているようだった。金を取ろうとしているわけではないらしい。

そして友達がムスリムでないことを残念に思って入信するように勧めているみたいだった。

加えて、友達が美人なので若干口説いているような感じもあった。

友達はだんだんガチでイライラし出して、

隙を見てあいつを撒こう、と耳打ちしてきた。

 

城跡の中にある博物館で青年が知人と話しているすきに2人で外の草原へ出て、もう大丈夫だろうと思っていると

なぜか再び青年登場。

 

結局城跡から市内までのタクシーにも相乗りしてきて3人で帰った。

その後は「神のご加護を」と言ってくれて、ムスリムの数珠みたいなやつを友達に渡して消えたので

結果悪い人ではなかった。

 

 

 

友達はというと、あいつマジで何?名前すらどうでもいいから聞いてない。という感想だった。

 

 

 

何はともあれヨルダン観光1日目、楽しく過ごせて良かった。

f:id:chitalian:20190306014417j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北京からウィーン、そしてアンマンへ

北京からウィーンまでのフライトは思ったよりもしんどくなかった。

というのも席が一番後ろの方だった為周りに人が少なく、シートも遠慮なく限界まで倒すことができたからだ。

エアチャイナのサービスは良好。

映画のラインナップはしょぼかったが殆ど爆睡していたので何ともなかった。

 

これまでの経験を生かし、飛行機に乗る前に楽なスウェットとクロックス姿に着替えていたのも良かった。

 

例のColumbiaのジャケットは遮光カーテンばりに光を通さないのでそれを逆向きに羽織ることで完全に周囲をシャットアウトできた。

 

ウィーンの空港についてから、待ち時間は5時間ほどあったがその辺のベンチで中国のパンを食べて過ごした。

ここもWi-Fiが遅くて途切れ途切れで悪かった。

 

ウィーン→アンマンまでは悪名高きライアンエアだったので、始終気を張って疲れた。

というのも、ライアンエアでは搭乗券を自分で印刷しなければならないのに加え、ビザチェックなるものが必要になる場合がある。というややこしいルールがあった。

 

今回ウィーン→アンマンはビザチェックが必須だった為、ネットで調べた通りにカウンターに並んでビザチェックプリーズと言ったところ

ドイツ語訛りの英語で、「直接ゲートへ行って」的な回答を得た。

正直聞き取れなかったが多分そういうことなのだろうと思い、そのまま出国審査まで通ってしまったが

本当にこのままゲートまで行って大丈夫なんだろうか?と不安で不安で仕方なかった。

 

ビザチェックがないまま搭乗口へ行くと、場合によっては無慈悲にも搭乗拒否されるという。

 

 

結果、ゲートまで行くとライアンエアのスタッフがおり、ビザチェックを頼むと何かコンピュータをカタカタして、OKのシールを貼ってくれた。

事前にネットで見たような、スタンプなどはなかった。

みんな同じシールを貰っていたのでビザチェック自体は別に必要なかったのか、未だによく分からないがこんなに人を不安にさせるルールを作るライアンエアにはもう乗りたくないと思った。

 

機内はヨーロッパの陽キャであふれていて、

普通に立ったまま友達とおしゃべりしたりしているのに驚いた。

機内のシートも最初からクッキーのカスみたいなのがこぼれていたし、乗客はみんなうるさいし、不愉快だった。

 

ここでようやくカミュを開いた。

『異邦人』。

読むのは2回目。

どういうところに文学的価値があるのかはよく知らないが、何となく面白いと思って読んだ。

 

近くにいる人に、何を読んでいるのか見られたくないので読書するのは大体海外にいる時だ。

家ではスマホしか眺めない。

 

 

 

ウィーン→アンマンは4時間ほど。

その間、横の太った乗客がトイレに行くたびに席を立たなければならず

それならわざわざ通路側を指定しなくても良かったな、と思った。

 

アンマンの空港が近づくとみんな窓の景色に釘付けになっていて(おそらく砂漠か何か雄大な景色)

私は右を見ても左を見ても、景色が見れず

通路の反対側にいた乗客に、夕日越しに視線を合わされて気まずい思いをしただけだった。

 

 

アンマンのクイーンマリア空港はとても小さい。

入国審査の際、日本人はビザの申請ブースへ行かなくてもいいと聞いていたのでそのままパスポートチェックを通ってすぐに入国できた。

 

SIMカードを売っている通信会社が2つほどあり、zainという会社の1ヶ月15ギガ、電話番号付きのカードを2700円ほどで買った。

それが一番安いプランだったからだ。

15ギガもあればいちいちWi-Fiに繋がなくて済むし、zainの回線はとても速い。

 

若いイケメンのスタッフが市内への出方を教えてくれた。

何を言っているのかあまりよく分からなかったけど、助けてくれているのは分かった。

 

外へ出て、zainのイケメンが書いてくれたアラビア語のメモを見せる。

バスの関係者も親切で良かった。

 

ただ、空港から市内へのバスは30分から1時間おきレベルの本数らしく、この時は出発まで50分は待った。

空港内のスタバでフラペチーノなど飲まずにさっさと外へ出れば良かった…

f:id:chitalian:20190304043533j:image

 

 

 

そしてここで、嬉しいことに中国人の女性(美人)と出会った。

仕事の関係で来ている人で、英語がめちゃくちゃ上手かった。

こんな遠く離れた異国で中国人に出会うと、同胞に巡り会えたような安心感がある。

 

中国では精神的日本人という言葉が流行ってるらしいが

もしかしたら自分は精神的中国人かもしれないとちょっと思ったりした。