TIME TRAVELER CHITA

I'm CHITA, Hongkong super star. Tibet

簡単レシピ 中国家庭料理

おうち時間が長く、料理くらいしかすることがないだろうから

簡単おすすめレシピを紹介します。

 

中国料理は奥深くそして幅広いが、日本人が1番好きと言っても過言ではないのが

.西红柿炒蛋(トマトと卵の炒め物)である。

 

家庭料理としては定番中の定番で、

中国人に「好きな料理なに?」と聞かれてこれを答えると大体笑われます。

日本の感覚でいくと玉子焼きみたいなものでしょう。

 

見た目も良く、味も良い。

炒めるだけでもいいし、麺類の上に載せてもいい。

万能料理

 

【作り方】

材料

・油

・トマト1個

・卵2個

・塩、胡椒

・中華の味になるやつ(例:味覇、鶏がらスープの素)

 

①フライパンを熱する

②油をこれでもかというくらいに入れる

 このとき、躊躇ってはいけません。引くぐらいに油を入れましょう。

③まず、溶き卵を投入し、軽く火を通し混ぜ合わせる。

④半熟くらいになったら、一旦別の皿に取り出す(絶対に取り出すこと)

⑤カットしたトマトをフライパンに入れ、少し崩れるまで炒める

⑥別の皿に取り出していた半熟卵を再度投入し、混ぜながら塩胡椒、中華の素をふりかける。

 

完成!

ネギがあれば、細かく刻んで入れても◎

店によっては、ピーマンなどの緑系も入れられてる時がある。

 

これを白ごはんと一緒に食べると、美味いです。

 

見た目も赤・黄色で鮮やかなので映える(中国の国旗の色!)

ぜひやってみてください

 

 

昨今の世紀末感

日曜の23時、まだぎりぎり抵抗できる時間帯。

 

外出自粛のため、家で深夜特急を読んでいた。

 

最近すっかり思い出すこともなくなっていたが、

わたしも数年前にはいろんなところに出かけていたんだよなぁ

 

パスポートと金があれば、行きたいところに行けるなんて当たり前すぎて

今の状況がまだ飲み込めてないような感じがある。

 

食材を買うために外にでたら、

通りのほとんどの店が休業中だった。

スーパーも夜7時までしかやらないみたいだった。

 

行き交うひとはさすがにまばら

道端に鳥の死骸とそれをついばむカラスがいた

 

なんかもう終わってしまった街って雰囲気がびんびんに感じられて

元気なくした。

 

どうやったら気を高く持ち続けることができるか。

映画とか読書も長くは続かない。

2月にラオスに行き損ねてから、もうどこにも行く気が起きなくなっていた。

けど、外へでていつもの金沢じゃない通りを歩いてると、ふと中国のにおいがしてくる。

これは本当に謎現象だが、たまにある。

 

色々落ち着いたら、まず中国に行きたい。

 

午前2時、交差点

へんな時間に目が覚めた。

25歳になった。

 

日常生活の中でふと、えもさを感じるシーンとの出会いはいつも突然である。

 

たとえばさっき、午前2時前に目が覚めて

ホテルの窓から大通りを見下ろすと

誰もいない交差点と信号のぺかぺかする静かな景色に胸を打たれた。

 

例によって雨に濡れた金沢の道路。

仕事でよく通る交差点。

なにも特別な思い入れがある場所じゃないのに、なぜか思い出になる。

 

旅のなかでもたまにあることだと思う。

圧倒的絶景よりも、

一瞬通っただけの暗い道とか、しょぼい看板とか、ゴミの散乱した坂とか(主に中国)

 

なぜなのか

 

なにがじぶんの心に残っていくかはその時にならないとわからない ということでした。

闇堕ちした1週間

本来ならばルアンパバーンにてゆっくりと休暇を過ごすはずであったのに。

 

暗い病院のベッドで虚無の1週間を終え、ようやく自宅へ戻れた。

 

病気で痛い、苦しいのもあったがそれ以上に

病院という場所に満ち溢れる負の空気のようなものにあてられ

がちで闇堕ちしてしまった。

 

節電のためらしい、なんか薄暗い廊下。

夜、地下のコンビニまで降りて歩いているときなど

ホラー映画かと思うような雰囲気であった。

 

持ってきた漫画とか映画とか全然見る気にならなくて

なんにもしなかった。

眠ることもできず、隣のベッドのおばあちゃんの寝言を聞きながら

暗い天井を見つめていた・・・。

 

何日経っても痛みが収まらず、点滴を打ちまくったため

薬中の人の腕みたいになってしまった。

そうこうしているうちに世の中はコロナウイルスで大混乱。

気まぐれにテレビをつけるとその話題しかない。

こんな老人だらけの病棟で、もし感染者がでたら・・・

考えるだけで恐ろしい。

 

もはや旅行を惜しむ気持ちも湧かない。

 

こんなことになるなんて

ルアンパバーン再訪、夢と散る

2020年2月20日〜25日、

ラオスの古都、ルアンパバーンへ2度目の旅行を予定していた。

 

ルアンパバーンといえばこのブログを始めたきっかけでもある思い出の一人旅の場所です。

 

雄大なメコン川を眺め、落ちる夕陽に心を休ませようと

前々からきちんと計画し、仕事の休暇も都合をつけていた。

 

しかし19日の夜、急遽入院することになってしまい

ルアンパバーン旅行は泣く泣くキャンセル。

 

1週間前から、調子が悪かったので仕事を休んで病院で診てもらい

薬も毎日しっかり飲んでいたのだが

いっこうに良くなる兆しがなかったので別の総合病院で検査をしたのち、即入院。

 

セカンドオピニオンの重要性を知った。

そして大きい病院の凄さを知った。

最初のお医者さんに言われるままに風邪と思い込んで

無理やりルアンパバーンまで行っていたらどうなっていたことだろう。

 

フライト時間はそんなに長くないが、

朝10:30関空発〜20:30ルアンパバーン着の計画だったので

やっぱり道中倒れていたかもしれない。

そうなると、コロナの疑いなんかもかけられて大変な事態になっていたにちがいない。

 

往復の航空券7万円は、4万円が返金された。

海外保険は出国前だったので全額返金。

ホテル代は、bookingでしれっとキャンセル料免除をリクエストしておいたら

4つのうち2つはそのままキャンセルされており、

残りは恐らく免除にはならない感じだと思う。

 

前回泊まったムアントンホテルを予約していたが、ここはさすがに全額免除にはならないようだった。

しかし、前回知り合いになっておいたマネージャーのラオス人からmessengerがきていた。

まだわたしのことを覚えていてくれてたみたいだった。

入院していることを言うと、キャンセル料の件はボスに相談してみてあげるといってくれた。

そのあと、幾らなら払えるか?と聞かれたので

さすがに全額免除しろと言うのはおこがましい気がして、

半額かそれ以上、と答えると半額免除でなんとかしてくれるとのこと。

本当にありがたい。

 

 

 

 

いつまで入院することになるのか、まだ良くわからない。

恐らく旅行用に申請していた5日間の休暇分で足りるくらいだろうと思う。

 

まあ、もともと休暇をもらう予定だったので

いきなり仕事をずっと休むというわけでもないし

旅行のために部屋も片付けて、荷造りもしてあったのが不幸中の幸い。

なんならフライト用にiPadに映画もダウンロード済み。

行先は大きく変わってしまったが

これも一種の休暇と思って、ゆっくりしようと思う。

メコン川ではなく病室の天井を眺めながら・・・。

天津之夜

大晦日の夜、天津にある古文化街とかなんとかいう場所へ行ってみた。

 

中国の古い建築物を模したストリートで、

割と最近できた観光地なので真新しさしかない。

 

多分中国のどの場所にもあるだろう、なんかザ・チャイナぽいお土産とか

食べ物の店が並んでる系。

 

行ったのが夜すぎて、ほぼ閉まってました。

f:id:chitalian:20200211222610j:image

昼間はもっと賑わっていて、中国に来た感を味わうには良さそう。

一通り歩いて、面白くなかったので我がシャングリ・ラ ホテルに帰った。

 

高層階から夜景を見下ろすリッチな過ごし方も楽しいけど、

ポケットに50元だけ突っ込んで、下界をあてもなく歩き回るのも楽しい。

ノスタルジー。

狭い部屋がひしめき合っていそうな古いマンションとか、

餃子屋とか、栗屋とか。

f:id:chitalian:20200211222604j:image

悪くないと思う。

 

久しぶりの中国。

 

中国での一番良い楽しみ方は、

映画のワンシーンのごとく、雑踏に紛れて姿を消す自分を想像することだと思う。

誰も追ってこない、気にも止められない。

切れたナイフのような心で、ひたすら紛れていく。

 

 

ちなみに、今の中国はQR決済がメインなので

ポケットに突っ込んだ50元は使い道ありませんでした。

 

 

 

年越し天津の夜

2019年12月31日。

 

大晦日、どう過ごすのか確認。

天津友達、バーでのバイトがあると言い出す。

バーでパーティあるけど、仕事だからあんまり一緒にいられない…つまらない思いをさせちゃうかも。とのこと

 

これは…まさかの天津年越しぼっちですか??

 

困惑。

今更どうにもならない。

昨日の疲れもあり、正直もうパリピのノリについていけないことに気づいてしまったので

一人で過ごすことにした。

 

ちなみに、友達の家ではルームメイトが仲間を呼んでのパーティを開くらしい。

 

つまり家に留まることもできない。

 

外で遊んだあと帰宅すればそこはパーティーの真っ最中ということになる。

 

そんなの耐えられるはずがない。

 

そこで閃く、ホテル泊まろう、と。

それも並大抵のホステルでは寂しくなるだけだと思ったので

リッチな部屋に泊まろう。

急いでBookingドット・コムで検索すると

シャングリ・ラホテルが一泊1万8000円で空いていた。

 

いける!!!と思い、

友達には「ごめんね!夜になったらバーに寄るよ」と告げ、秒で荷造りをしてタクシーでシャングリ・ラホテルへ向かった。

 

 

 

シャングリ・ラホテル

五つ星。

きらめく高層ホテル。

受付へ行くと、最高に丁寧な接客を受けた。

 

おひとりさまですか?

ーはい、でももしかしたらもう一人来るかも

確定ではない、ということですね

ーそうです

かしこまりました(優しい顔)高層階のキングルームがあいておりますがグレードアップいかがですか?景色が素晴らしいですよ。

ーグレードアップお願いします

 

 

 

通された部屋は27階。

忘れもしない。

 

リバービュー


f:id:chitalian:20200130001525j:image

部屋の内装、景色、アメニティ(ロキシタン)

接客、全てにおいて完璧。

完璧の完璧。

これまで感じたことのない、高潔な…開放感。

高みの自由。

 

素晴らしかった。

 

近くの綺麗なショッピングモールで、

バーガーキングと、香港のカステラみたいなやつと紅茶をテイクアウトし

27階から夜景を見下ろしながら食べた。


f:id:chitalian:20200130001919j:image

 

バスタブもあるので、ipadでJAZZをかけてゆっくりお湯につかった。

アメニティのロキシタンのすべてを使い、

時間をかけて髪の毛をといた。

ほぼパンイチで夜景を見下ろし、何もかもに満足した。

 

12月31日23時半、

まだ何かやれることはないか、と思いラウンジへ。

一階のカフェでピアノ・ボーカル・コントラバスのトリオがJAZZを演奏していた。

100元くらいする熱々の花茶を飲みながら、音楽に浸る。

落ち着いた空間にipadが映えていた。

まるで物凄く仕事ができる人の夜の過ごし方みたいだった。

ipadでは主に写経しかしてない。

 

 

23時50分頃、

なんかそわそわしてきたので自室に戻る。

再び下着姿に戻り、夜景を見下ろしながら

おだやかな心で0時を迎え

日本にいる友達とメッセージのやりとりなどをした。

 

最高の夜でした。