TIME TRAVELER CHITA

I'm CHITA, Hongkong super star. Tibet

機内での過ごし方

皆さんは飛行機の中でなにをして過ごしますか?

 

 

関空→ウィーンで久々の長時間フライトなので、気が狂いそうにならないか心配になってきた。

 

窓際か、通路側か、という所も気になる。

窓際はもたれかかれる、星や夜景が見えるがトイレに立ち辛い。

通路側はトイレには行けるが横の人に起こされる可能性がある。

真ん中は論外だと思う。

 

機内窓からのぞく星空とか、都市の光群って空を飛んでいる時だけの景色だから、飛行機に乗ることがなければなかなか見られるものではない。

 

いつかヨーロッパのあたりを飛んでいる時に見えた都市の光が葉脈のようにつながっててちょっと感動した。

真っ暗な所はどこまででも暗いのに。

これが人類の英知の結晶かぁ、と思う。

 

大抵夜のBGMは手嶌葵さんの英語の歌アルバムで、昼のBGMはワンリパブリックである。

 

それからいつもColombiaのジャケット(内側が弁当の保温バックみたいな銀色になっている)を着て、内側についてるポケットにパスポートとかを入れて、フードを被って周囲の全てを断ち切って自分の世界に入るようにしている。

 

中国人にありがちだが、隣人が話しかけてくる系だとちょっとめんどくさい。

 

 

 

一度、モスクワから北京へ飛んでいる時に

隣になった中国人のおじさんと話していて

うっかり自分が奨学金を貰っている(留学中にもらえるやつ)ことを教えてしまったことがある。

そしたら異様に食いついてきて、

中国人にありがちだが月にいくら貰っているんだ?と具体的な金額まで聞き出してきて

適当に言えばよかったものを

馬鹿正直に答えてしまった。

 

実際、その時もらっていた奨学金は月に4000元程でこれは中国国内の水餃子店の店長の月収に匹敵する。

 

この話を聞いてそいつは騒ぎ出して、前の席に座っている妻?にまで

「おい、こいつ奨学金で月に4,000元貰ってるらしいぞ」と話し始めた。

 

やばい、寝てる間にお金取られるかもしれない、とすごく不安になった覚えがある。

 

今思えば知らない人とお金の話をすること自体おかしい。

それ以降は人前で金の話をしない、と心に誓った。

 

f:id:chitalian:20190226024756j:image

↑ロシア上空の夜明け