TIME TRAVELER CHITA

I'm CHITA, Hongkong super star.

ラサ・ディナーと星空

朝はホテル近くの東北餃子で肉まんの類と味付き豆乳(これが美味い!)で済ませることが多く、昼もなんだかんだで適当に食べていたので、夜くらいはゆっくり食事しようか、というわけでメインストリートにある外国人向け西洋レストランへ。

オーナーはイギリス人の有能そうな女性。

レストランの名前は失念。

とりあえずお洒落、広い、開放的。

二階のテラスで欧米系の観光客が酒を飲んでいる。

我々は一階のウィンドウ側に座った。

 

西洋料理とはいうが、普通にインドネパールカレーもあった。

HさんDさんはそれぞれカレーとかピザを、私はボロネーゼを頼んでみた。

同時にドリンクで鉄観音茶も。

f:id:chitalian:20181219020200j:image

地元の店とは明らかに雰囲気が違う高めのレストランなので実はかなり期待していた。

しかし残念ながらボロネーゼは不味かった。

スパゲティではなく中国の面条(麺)のようで茹で加減もめちゃくちゃだった。

でも店内の装飾や料理の見た目は綺麗だったので良しとする。

西洋とは遠く離れた標高3700mの街でパスタをたのんでいることがまず不適切に思われた。

ちなみにほうれん草のピザは美味しかったので、後日また訪れることになる。

 

 

 

標高3700mといえば富士山の頂上よりも高い。

手の届きそうな星空が見えるに違いない、とHさんと話していた。

本当は夜外に出るのはちょっと危ない感じはしたが、1人じゃないし、ホテルのすぐ前の道路に出るくらいなら、とその夜4時頃Hさんと部屋を抜け出した。

日の出ていない夜と朝は凍えるほど寒い。

キンと冷えるが澄んだ空気。

満天の星…!

 

しかしひらけた道路に出て目に入ったのは、ネオンの明かりだけであった。

人気は全く無い。

鮮やかな文字の看板がただ静かに、煌々と夜のラサを照らしていた。

 

諦めきれない私とHさんは、しばらく歩きながら明かりの少ないところを探したが

さすがに裏道に入るのは恐れた。

見上げて一生懸命目を凝らせば、全く見えないことはない。

が、ただの都市の夜空。

標高3700mの夜空。

 

あるはずのものが見えない。

また1つ学んだ。

 

そのあとはややふてくされて眠りについた。

f:id:chitalian:20181219020308j:image
f:id:chitalian:20181219020301j:image