TIME TRAVELER CHITA

I'm CHITA, Hongkong super star.

ルアンパバン7日目

4回目のホテルチェンジ。

今回は「Chitlatda Central Bila House」

 

ツインルームで一泊1000円(2人で)

ナイトマーケットまで徒歩10分ほどで、立地も悪くない。朝食付き。

 

しかし、ツインとは名ばかりの収容所であった…

f:id:chitalian:20180905155255j:image

バスタオルも一枚しか与えられず。

窓もなく閉鎖的なので、残念ながら一泊で去ることを決めた。

 

とはいえこのままホテルチェンジを繰り返すのもしんどいので、昨日泊まった「Moon’s house hostel」に連泊することにした。

このホテルは土足禁止で室内が綺麗なのに加え、バスタオル+フェイスタオル有り。バスルームOK、ドライヤー有り。スタッフの英語◎(意思疎通が図れる)

ランドリーサービスがまとも(前回ゲストハウスで頼んだ際白いTシャツが青に染まって返ってきた)

など、総合的に判断してここが1番良いということで、とりあえず後3泊します。

 

 

 

さて、今日はメコン川の向こう岸(栄えてない方)へ行ってきました。

 

!注意!

川の向こう岸へ渡る手段はいくつかあるが、船をチャーターする場合は相当ふっかけられる可能性あり。

船乗り場のあたりには船乗りおじさんがたむろしていて、近づくとボートボートと言って絡んでくる。

試しに話を聞いてみると、往復で1人50,000キップ(652円)

滞在時間を1時間か2時間か先に決めて、あとで迎えにきてやる、的な感じだった。

 

え?でも向こう岸に渡るだけじゃん?

高すぎる…と思い、制服を着た公的機関の人(推定)に聞いてみると、現地民が利用するフェリーなら1人片道5,000キップで乗れるとのこと。

 

騙されてはいけません。

船乗り爺の客引きは、ルアンパバンでは珍しく結構強引でした。

気をつけてください。

 

※現地民と乗るフェリーじゃなくて、自分達だけでチャーターしたい場合なら爺の船でいいと思います。

あくまで向こう岸に渡りたいだけの人はフェリーで十分でしょう。ちなみに所要時間は5分くらいです。

 

f:id:chitalian:20180905005648j:image

風を切って進むルアンパバン号。

気持ちよかった。