TIME TRAVELER CHITA

I'm CHITA, Hongkong super star.

ルアンパバン3日目 ②買い物

午後は空も晴れ道も乾き、歩きやすくなったのでお出かけ。

f:id:chitalian:20180831233850j:image

armyなラオスキャップ🇱🇦を見つけた!

35,000キープで購入。

 

それからずっと安いペラペラのビーサンで歩いていて足が痛かったので、たまたま目についたゴムのサンダルを購入

f:id:chitalian:20180831234151j:image

🇬🇧の国旗が付いている…30,000キープ

ダサいが、仕方なし。

サイズがぴったりでめちゃくちゃ歩きやすい。

ラオス国旗のワッペンか何かあれば、上から貼り直したいと思う。

 

 

それから、やや日が暮れてから遂にワットシェントーンへ出かけた。

f:id:chitalian:20180831234351j:image

ちょうどお経タイム。

夜だからか、入口の階段を上った所にいた小さな少年僧に料金はいらない。と手ぶりで示された。(本来は20,000キープ)

f:id:chitalian:20180831234507j:image

いくつくらいだろうか。

英語は喋らない。

細い肩、可愛い…

 

手に持っているのはお経の練習ノート?

ラオス語で書いてある為わからないが…

f:id:chitalian:20180901000117j:image

読経を終えた少年僧たちが休憩していた。

ラオスではすべての男性が修行を経験するそう。

ここにいる少年たちも、いずれはイケてる若者となっていくのだろうか。

 

夜ご飯は中国人経営の四川料理へ。

f:id:chitalian:20180901000719j:image
f:id:chitalian:20180901000724j:image

青椒肉丝 50000k

西红柿炒鸡蛋30000k

土豆丝20000k

ちょっと高めかな、でも美味しかった。

四川出身のおっさん2人で切り盛りしている模様。隣の店の猫が入り浸っていた。

f:id:chitalian:20180901000900j:image

「还是中国菜是最好的」(やはり中華料理が1番)と言い残し、ゲストハウスへ戻る。

 

ドミトリーにまた新たなトラベラーが来ていた。

何となく気まずいので、併設されているカフェへ移動したら、中国人トラベラー(後の上海おじさん)が居たので談笑。

会話が出来るというのはすごく安心。

やはり持つべきものは友(中国人)だな、と思う。なんだかんだ言って。