TIME TRAVELER CHITA

I'm CHITA, Hongkong super star. Tibet

砂漠へ

ペトラからワディラムへ。 夕日に間に合うように、少し急ぐ。 砂漠のハイウェイを走りながら景色を楽しんだ。 道中現れた巨大な風力発電。 なんだか奇妙な光景、少しこわい。 ひたすらデザートハイウェイを走り、ようやくワディラムの自然保護地区へ。 キャ…

ペトラ遺跡

ペトラ遺跡+ワディラム砂漠キャンプツアーいよいよスタート! これがヨルダン旅行の目玉。 ヨルダン人の友達がアレンジしてくれた、無理のないショートトリップだ。 残念ながら今回ペトラ遺跡は1番有名な所を通るルートしか行っていない。 本気でペトラ遺跡…

死海ビーチ

なんだかんだで明日アンマンを発つ。 本当は時系列に書いていくつもりだったが、 ゆっくりとできる居心地のいい場所があまりなかったので書けなかった。 今、死海のプールサイドでやっと落ち着いた時間を過ごしている。 時間は前後するが、この際思うままに…

アンマン市内歩き

アンマンは割とこじんまりとした都市だが、19の丘で成り立っているらしく坂だらけで歩くのは中々しんどい。 でも、細い小道や廃墟がちょくちょく現れるので歩くのも楽しい。 ちょっと高いところに登れば、先日の城跡が遠くに見えるのも素敵。 それから案外緑…

謎の青年と城跡

ようやくヨルダンへ到着し、無事友達にも会えた。 こんなに遠いとは… それでも行こうと思えば行けるのだから地球は小さくて便利だね。 今日はアンマン市内のローマ劇場と城跡へ。 この客席の一番上まで登ると見晴らしが良い。 天気も良く、清々しい春の風が…

北京からウィーン、そしてアンマンへ

北京からウィーンまでのフライトは思ったよりもしんどくなかった。 というのも席が一番後ろの方だった為周りに人が少なく、シートも遠慮なく限界まで倒すことができたからだ。 エアチャイナのサービスは良好。 映画のラインナップはしょぼかったが殆ど爆睡し…

助け合いの精神

そういえば北京の空港へ向かう途中、久しぶりに人助けをした。 东直门〜空港行きの地下鉄は窓口で買わなければならず、電子マネーの普及している中国にしては不便なことに現金しか使えない。 おそらく現金の持ち合わせがなかったと思われる外国人が窓口で明…

北京滞在、8時間

なんだかんだでヨルダンへの旅がスタートした。 乗り継ぎのため、北京到着。 夜がまるまる空いていたので、中国人の友人と北京火鍋を食べに行く約束をしていた。 市内へ出るためのバスチケットを買う。 第3ターミナルから东直门という大きな駅の方面までで25…

旅と荷物

いつも旅に出る時はリュック1つと小さいスーツケースを持つ。 リュックは、今までずっとダイバー素材のものを使っていて 安物だし見た目も別に普通なんだけど 手触りが良いのと軽いのが好きだった。 マチュピチュに行った時、普通に大学に行くときのダイバ…

機内での過ごし方

皆さんは飛行機の中でなにをして過ごしますか? 関空→ウィーンで久々の長時間フライトなので、気が狂いそうにならないか心配になってきた。 窓際か、通路側か、という所も気になる。 窓際はもたれかかれる、星や夜景が見えるがトイレに立ち辛い。 通路側はト…

ヨルダンでのプラン

今日、友人にブログを書いているところを見られ 「まだ旅に出てないのに何書いてんの?w」と笑われてしまった。 まだ離陸こそしていないが、わたしの中ではもうすでに旅は始まっている。 件のヨルダンの友達が日程を調整してくれたので、それに合わせてホテ…

感謝

ブログ開設から半年くらい経つ。 記事数はおよそ60に達した。 ありがたいことに、アクセス数も2000を突破した。 定期的に読んでくれている人がいるようだ。 とても嬉しいです。 どうもありがとうございます!!!! 何かの参考になればいいな、と思う。 特…

面白小噺、ルアンパバン

昨日、鹿児島に住む友人がこんな写真を送ってくれた。 左側の白い看板に注目していただきたい。 ローマ字でルアンパバンと書いてある。 ルアンパバン専用駐車場である。 気になって、 鹿児島 ルアンパバンで検索してみると どうやら居酒屋のようだ。 ルアン…

ヨルダン、心の準備

2月は28日までしかない。 ということは、出発までもうほとんど1週間。 旅の前あるあるだが本当にもうどこにも行きたくなくなってしまった。 みんなもこういう気持ちになりますか? ヨルダン現地の友だちとは着実に話を進めており、 ペトラ遺跡〜ワディラムの…

中国大陸について

ふと、もう一年も中国大陸に行っていないことに気づいた。 中国語を使ったり、中国人に会ったりする機会は日本でもあるのであんまり離れた実感がなかった。 なぜ急に中国の話をするのかというと さっきiPhoneの写真を整理していて、懐かしい大連の写真が出て…

次の旅へ

いよいよ本命、ヨルダントリップまで2週間となった。 そしてなぜか少し怯んでいる自分がいる。 韓国のドミを拒絶したことから、bookingで予約済みのアンマン市内のドミトリーも無理なんじゃないかと思い始めた。 口コミはよく読んで決めた。 二段ベッドの下…

韓国友だち、整形

中国の大学で出会って、太極拳のクラスに一緒に通っていた韓国人の女友だちがいる。 出会った時からとても可愛いと思っていたが、 この間整形した!との報告があった。 もともとかわいいのに、さらなる高みを目指しているんだろうか… 先日ソウルに行った時に…

遊びの定番、ロッテタワー

ソウルのシンボル、ロッテタワー。 遊園地、水族館、百貨店、スケートリンク、なんでも揃っている。 ソウルに来たらとりあえずここって感じだろうか。 中国人の爆買いもここで見られる。 友達は以前、ロッテタワー内のメガネ・サングラスショップでバイトし…

冬のソウルへ

なんだかんだで韓国へ行っていた。 今は帰りの飛行機の中である。 去年のちょうど今頃も韓国へ行った。 氷点下、極寒。 昨日は雪も降った。 用事があって奈良に戻ったついでに、関空経由で韓国へ寄ってから地元に帰ろうという軽い気持ちだった。 一年前のソ…

チベ隊、別れの日

5泊6日のチベットツアーはあっという間だった。 旅立つ前は全く知らないもの同士だったのに、縁あって共にここまで来てくれたHさんとDさんにはとても感謝している。 楽しい思い出になった。 そしてたくさんの美しい景色を共有した。 友達同士の仲良しグルー…

チベット回想

だんだん順序立てて書くのが難しくなってきた。 一年以上前のこととなると、どうしても細部は忘れがちだ。 記憶が混同している場合もある。 やはり旅の記録はリアルタイムが一番良い。 自分で読み返してみても、思い出の濃度が高くて心が満たされる。 チベッ…

夜のポタラ宮

ポタラ宮は昼間、中に入って見学することが出来る。 中も見所たくさんで素晴らしいが、夜のライトアップも幻想的で美しい。 この白い壁は牛乳と蜂蜜でできているとガイドが言っていた。 この夜、我々はゲストハウスから大通りを通って徒歩でポタラ宮まで出か…

韓国へ

近々韓国へ行こうと思っている。 私のベストフレンドは韓国人で、いまはソウルに住んでいる。 去年の二月にはこっちからソウルに会いにあったし、夏休みにはベストフレンドの方が日本に来てくれた。 元々は中国の大学で出会ったので会話は中国語。 今までKポ…

懐古 ルアンパバン

チベット編を書き終わるのはいつになるでしょうか。 チベット旅行から一年経つので記憶も薄れつつある。面白エピソードだけでも記録したい。 さて、なんだか最近事あるごとにルアンパバンでのvacationを思い出す。 あの広大なメコン川から眺める夕日の輝き、…

チベットのトイレ事情

チベットのトイレ事情についてお話ししようと思う。 とても汚い話なので、気分を害してしまうかもしれない。 一応誰かにとって有益な情報となるかもしれないから、真実をありのまま書き留めたい。 まずはじめに、今の中国のトイレ事情について。 昔は仕切り…

ジョカン、セラゴンパ

ツアーの最後はジョカンとセラゴンパへ。 ジョカンの中国語名は大昭寺。 寺の前は広場のようにひらけている。 寺の前には五体投地で祈る人々がたくさん。 各々細長いマットを地面に敷いて、脇目も振らずに祈る姿が印象的だった。 ちなみにこの五体投地用マッ…

ラサ、フレンドリー物乞い

前回の記事でも書いた外国人向けレストランでちょっと面白い体験をしたので紹介。 実は滞在2日目あたりでうっかりシャワーを浴びてしまい、翌朝から完全に風邪をひいてしまっていた。夏場ではあるが乾燥してるし涼しいので汗もかかない。ガイドさんに、風邪…

ラサ・ディナーと星空

朝はホテル近くの東北餃子で肉まんの類と味付き豆乳(これが美味い!)で済ませることが多く、昼もなんだかんだで適当に食べていたので、夜くらいはゆっくり食事しようか、というわけでメインストリートにある外国人向け西洋レストランへ。 オーナーはイギリス…

ヤムドク、トルコ石の湖

チベット三大聖なる湖の2つ目、ヤムドク湖へ! 標高は4441m。 この湖は峠の上から観賞するものらしく、本日も山へ向かって爆走! まだ低地を走っている時に見えた絵画のような風景。 素敵すぎる木々。 この地帯にテントを張って暮らしたい。 時折、岩肌に白…

ナムツォ、天の湖

本日は、ラサ市内から約100kmの「ナムツォ(ナム湖)」へ車を走らせてもらった。 ナムツォはチベットの3つの聖なる湖のうちの1つ。(残りはヤムドクとマーナサローヴァル) 「天の湖」ことナムツォ、その標高は4718m。 片道3〜4時間くらいだったかな。 とにか…